Windows

PHP をダウンロードしインストールが完了したら、バッチファイルを実行します。 バッチファイルは、c:\php\go-pear.bat にあります (PHP をインストールした場所による)。 セットアップがはじまると質問がいくつか行われ、そこで指定したパスに PEAR パッケージマネージャがインストールされます。 インストールが終了したら、インストールしたフォルダへのパスを PATH 環境変数に追加します。 手動で追加する (スタート > コントロールパネル > システム > 環境変数) か、 PHP のソースディレクトリにある PEAR_ENV.reg を実行 (ダブルクリック) するかしてください。 以上で、Windows のコマンドプロンプトから pear コマンドを使い PEAR パッケージマネージャを実行できるようになります。

PEAR インストールのアップデートを行うには、 http://pear.php.net/go-pear をブラウザで表示してその出力をローカルファイル go-pear.php に保存します。そして次のコマンドを Windows のコマンドプロンプトで実行してください。

      
php go-pear.php
      
     

これで、更新処理が開始されます。

php.ini を変更したら、 ウェブサーバを再起動しなければなりません。

そして PEAR が正常に動作することを確認します

Unix/Linux/BSD

PHP 4.3.0 以降、./configure--without-pear オプションを指定しない限り、 PEAR パッケージマネージャは (PHP と共に) インストールされます。

Unix/Linux/BSD ディストリビューションが提供する PHP を使う場合は、 PEAR を別途インストールする必要があるかもしれません。インストール方法については、 それぞれのディストリビューションのドキュメントを参照してください。

バージョン 4.3.0 以前の場合や、パッケージマネージャを再インストールしたい場合は、 次の方法が暫定的に用意されています。

      
$ lynx -source http://pear.php.net/go-pear | php
      
     

コマンドラインブラウザの名前として lynx ではなく links を使用している Linux ディストリビューション (Redhat など) もあります。そのような場合は、 上の行を適宜変更してください。

http://pear.php.net/go-pear を go-pear.php という名前で保存して、このように実行することもできます。

       
php go-pear.php
       
      

そして PEAR が正常に動作することを確認します

Mac OS X

Mac OS 10.4 以前のバージョンでは、PEAR パッケージマネージャが既に /usr/bin/pear にインストールされています。

Mac OS 10.5 (Leopard) を使用している場合に 新しくインストールしたり再インストールしたりしたい場合は、 次のコマンドを使用します。

      
$ curl http://pear.php.net/go-pear | sudo php
      
     

http://pear.php.net/go-pear を go-pear.php という名前で保存して、このように実行することもできます。

       
php go-pear.php
       
      

ホスティング環境での PEAR

Web ホスティングプロバイダを使用しており (ローカルログインや Telnet, SSH による) サーバへの直接アクセスができない場合でも、 Web フロントエンドを用いれば PEAR インストーラを使用することができます。

http://pear.php.net/go-peargo-pear.php という名前で保存し、go-pear.php をあなたのサーバにコピーします。そして、対応する URL (たとえば http://example.com/pear/go-pear.php) をブラウザで開きます。

前提事項

インストールの前に、pear ディレクトリに 適切なアクセス制限をかけておくことを忘れないようにしましょう。

そして PEAR が正常に動作することを確認します